みなさんはどんなスマホを使っているでしょうか。

 

私は断然iPhoneです!

 

2017年にiPhone8iPhoneXが発売され

 

発売日には長蛇の列が出来て

 

それがニュースになるというね・・・

 

お決まりの流れがすでに出来ていますけれども

 

わりとすぐに次のモデルが出る!

 

すでに次世代モデルであるiPhone11(XI)についての噂もちらほら

 

今回はiPhoneの次世代最新モデルについて

 

発売日はいつなの?

デザインはどうなるの?

新機能は何かつくの?

 

を予想の範囲ですが調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

iPhone10のおさらい

今現状2018年の最新モデルはiPhone10ですね。

 

そのモデルのスペックやデザイン・価格に至るまでを

 

一回おさらいということでまとめてみました。

 

アップル公式を見るとそのすさまじいまでのインパクトが体感できるiPhoneXなんですが

 

見た目が美しい・・・

iPhoneX

出典:www.apple.com/

 

すべてがスクリーンのiPhoneを作る

 

公式はこう言っていますね。

 

その言葉通り、全てがスクリーンになっています。

 

いや・・・上部のほんのすこしが違うか・・・。

 

ちなみにiPhone8と比べてみると

 

デザインの違いが圧倒的なのが分かります。

 

 

iPhone比較

出典:www.apple.com/

 

  • iPhoneXはホームボタンがない
  • カメラのレンズも分かりにくい
  • スクリーン部分が多い

 

パッと見ただけでこれだけ違います。

 

そして大きさは

 

  • iPhoneX iPhone10 
  • 画面 5.8インチ
  • 高さ 143.6mm 
  • 幅 70.9mm 
  • 厚さ 7.7mm 
  • 重量 174g 

 

さらに画面は「Super Retina HD ディスプレイ」を使用していて

 

2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppiととてもとてもキレイなんですね!

 

他にも

  • FaceIDの搭載
  • カメラが2個に
  • 接触充電可能
  • 急速充電可能
  • 処理速度がiPhone7の1.3倍向上

 

とデザインと性能の両面でこれまでにない進化を遂げましたね。

 

そして価格はというと

 

iPhoneX(64G)=11万2800円

iPhoneX(256G)=12万9800円

 

高い!!

 

高すぎる・・・。

 

ここまでがざっくりですが

 

iPhoneXのおさらいですね。

 

iPhone11の発売日はいつ?

気になるiPhone11の発売日はいつになるのでしょう?

 

これは以前の機種の発売日からもある程度は予想できますよね。

 

上が発表された時期

下が発売日です

 

iPhone(日本未発売)

  • 2007年1月9日
  • 2007年6月29日

iPhone3G

  • 2008年6月9日
  • 2008年7月11日

iPhone4

  • 2010年6月7日
  • 2010年6月24日

iPhone5

  • 2012年9月12日
  • 2012年9月21日

iPhone6

  • 2014年9月10日
  • 2014年9月19日

iPhone7

  • 2016年9月7日
  • 2016年9月16日

iPhone8

  • 2017年9月12日
  • 2017年9月22日

iPhone10(X)

  • 2017年9月12日
  • 2017年11月3日

 

こうやってみてみると

 

気持ちいいくらいに2年周期で発売されているわけですが

 

最後のiPhoneXとiPhone8だけは違いますね。

 

iPhone11はこのままいけば2019年に出る予想なのですが

 

違う噂もあり、iPhoneXsが次のモデルではないか?といわれています。

 

たしかに5sやら6sやらが必ず1年後に発売されるわけなんですよね。

 

となるとXsをアップルが発売するでしょう!となるのは当然の流れです。

 

え?じゃあiPhone11はいつになるの?・・・ってことですが

 

発売日データだけみていけば2020年ということになりそうです。

 

スポンサーリンク

 

iPhone11の価格はいくら?

 

価格も気になりますが

 

アップル製品はどれをとっても価格が高いという印象がある方は非常に多いのではないでしょうか。

 

なんでかっていうと最新の技術を詰めに詰め込んでいるからというところもありますし

 

デザインにおいて妥協しないスタイリッシュさを確立することが

 

まず最初に来ていますから

 

値段を安くという部分は置き去りとまでは言わないものの

 

納得した人は買ってねというスタンス

 

こういうアップルの精神から考えてみても

 

値段はiPhoneXと同様に12万円台〜

 

さらなる最新機能がつくとなると15万円くらいまで予想してみます。

 

普通に良い性能のパソコンが買える値段ですね・・・。

 

 

iPhone11のデザインを予想してみた!

 

アップルのiPhoneで買う人が一番気になるのはここでしょう!

 

デザインはiPhoneXの時からどう変わるんだ?ってところ

 

むしろデザインでiPhoneを選んでいる人が一番多いのでは?!

 

というほどiPhone信者はこのデザインに魅了されているわけです。

 

かくいう私もその一人で

 

どのスマホも見た目がダサいなんてことはないんですが

 

やっぱりアップルのiPhoneはデザインを真っ先に考えているのは公式ページを見れば明らかに伝わってきます。

 

その理念を言葉にしていますよね。

 

私たちはずっと変わらないビジョンを持ち続けてきました。

すべてがスクリーンのiPhoneを作ること。デバイスそのものが

体験の中に消えてしまうほど夢中になれるiPhoneを作ること。

あなたの指や声、さらには視線にも反応できるインテリジェントな

iPhoneを作ることです。iPhone Xが、そのビジョンを

すべて現実のものにします。iPhone Xへようこそ。

ここから未来が始まります。

引用元:www.apple.com/jp/iphone-x/

 

これ、ものすっごい短く言うと

 

iPhoneは体の一部です

 

って言っているように聞こえませんか?

 

将来的には、スマホが体に埋め込まれ

 

自分の意思で操作できる未来までも予測しているかのようで

 

半端じゃない”未来感”がデザインには秘められていますね!

 

iPhone11はノッチがない?

 

具体的にはまず、画面全部をスクリーンに!

 

ということなんですね。

 

ノッチがなくなる

 

iPhoneXは画面の上のノッチと呼ばれる部分がまだスクリーンじゃないわけです。

 

このノッチの中には

 

  • 「ドットプロジェクタ」
  • 「赤外線カメラ」
  • 「投光イルミネーター」

から構成されるTrueDepthカメラ

 

通常のRGBカメラの両方が格納されています

 

このノッチを無くそうって考えているのは素人の私でも明らかにわかります!

 

ですが、ここからは技術面の問題でして

 

Apple’s iPhone X is a major visual leap over previous generations thanks to its nearly all-screen design, but it would be closer to perfect if the sensor housing didn’t obscure the view in landscape orientation. Now a new rumor out of the supply chain suggests we could see the notch shrink as soon as next year.

引用元:9to5mac.com/

 

つまり、2019年にはこのノッチは縮小されるのではないか?

 

簡単に言えばそう書いているわけです。

 

そうなんですよ、完全にノッチをなくすのは大変なようで

 

まずは面積を徐々に狭めていくことが今後の課題になっているんですね。

 

いやでも、もしノッチがなくなったらその時は相当キレイですよ・・・

 

このデザインとiPhone11の発売日はかなり密接に関係してくると

 

個人的には思います。

 

だってそこがアップルの活きる道ですからね!

 

iPhone11は曲げることが出来る?

 

そしてもう一つは、曲げることができる有機ELの搭載です!

 

私はこれを調査してわかった時は

 

は?まじで言ってんの?みたいになりました、はい・・・

 

どうやら2つあるみたいで

 

一つは高精細フレキシブル有機ELディスプレー(OLED)と呼ばれるもので

 

すでにプロトタイプが作られています!

 

ほんとに曲がってるよ!

 

そしてこの有機ELに対抗する別の技術で作ったものがあって

 

曲がるディスプレイ

 

曲げることができる液晶パネル「FULL ACTIVE FLEX

ジャパンディスプレイ(JDI)は1月25日、曲げることができる液晶パネルを開発したと発表した。基板に従来使用していたガラスではなくプラスチックを採用することで、これまで液晶パネルでは難しいとされてきた曲面形状の加工を可能にした。フレキシブル性や薄さを武器に台頭している有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの対抗商材として、顧客の早期開拓を進める。引用元:http://business.nikkeibp.co.jp/

 

後で人が手を使って曲げているんですよね、分かります?

 

こちらは2018年に量産のメドが立つとの報道でしたので

 

アップルがどれを採用するかは分かりませんが

 

こういった技術面と発売日も大いに関係してくると思われますね。

 

これら最新技術で曲げることができる画面を採用するとどうなるか・・・

 

これはほんとに?

 

文字通り360度スクリーンっていう・・・

 

ノッチを無くすってレベルじゃないんだけど・・・

 

これこそほんとに未来系iPhoneのデザインで

 

誰もが納得、驚愕すること間違い無しですね!

 

iPhone11のスペックは?

スペックに関しては、こちらも噂程度の情報しか今のところありません。

 

iPhoneXよりも性能が上がることになるのは間違いないでしょう。

 

iPhone11のスペック CPU性能

iPhone10にはA11チップというものが搭載されていて

A11チップ

 

iPhone7のA10チップよりも最大で25%の高速化を実現しています。

 

これからのiPhone、スマホと切っても切れない関係になるのが

 

VR=virtual reality(仮想現実)

AR=Augmented Reality(拡張現実)

MR=Mixed Reality(複合現実)

 

こちらは複合現実のイメージです

 

 

将来は、これらを高速で処理するための更に高性能なチップが必要となる可能性があるので

 

iPhone11ではiPhoneXよりもすこし性能があがり

 

A12チップといったもっと高性能なものが出る可能性もありますね。

 

ちなみにiPhone7のA10チップのベンチマークスコアはマルチコアが5500

iPhone8のA11チップは8500〜10000くらいの値が出ていて

 

A10→A11で1.5倍〜1.8倍くらいになっていますね。

 

A11はパソコンだとMacBookProの2012年くらいの性能と同じくらいだそうで

 

iPhoneXはもはやパソコン超え

 

iPhone11もパソコン以上の性能を求められる時代にもなって

 

実際にそうなるのは間違いないでしょう。

 

高速回線5Gへの対応

iPhone11は今後主流になる次世代回線5Gへの対応も現段階から考えているはずです。

 

2018年現在、主流なのは4G回線です。

 

2012年から始まったこの4G回線。

 

100Mbpsという速さの高速データ通信が可能になったわけですが

 

5Gはというと、10Gbpsの超高速データ通信になるとのこと。

 

10G=10240Mですから、つまりは今の通信速度の100倍になるってこと。

 

まじか・・・、5G回線すごすぎる・・・。

 

さらには、5G回線の運用開始予定が今のところ2020年からとなっていますので

 

大手3社(au、docomo,softbank)がまずは開始するでしょう。

 

そして時間を経て、今で言う格安スマホ会社にも普及していくという形を取るはずですね。

 

スポンサーリンク

 

iPhone11の新機能は?

iPhoneXではFaceIDなどの新機能が搭載されましたが

 

一番の注目はios11からios12へアップグレードされるものと予想できます。

 

アップグレードしたら何が変わるのかと言われれば

 

それはアップグレードしてからでないと分からないわけですが・・・

 

そしてHey Siriも進化するでしょう。

 

こちらは間違いないと言えます。

 

HeySiriに似たような製品が今すでに沢山出てきています。

 

GoogleHomeAmazonEchoなどですね。

 

こちらは周辺家電と接続して

 

  • 電気を付ける、消す
  • テレビを付ける、消す
  • 音楽の再生・停止
  • 検索する
  • エアコンを付ける
  • お掃除ロボに命令する
  • 食べ物を注文する

 

などなど、上げればキリがないのですが

 

これをiPhone内蔵のSiriでもできるようになるのでは。

 

むしろできるようになるのは時間の問題で

 

スマホのおまけ機能くらいの感じで将来は普通になりそうです。

 

ようはパソコンで出来ていてスマホで出来ないことが

 

これからは出来るようになるということ。

 

 

まとめ

  • iPhone11の発売日は2020年内?
  • iPhone11のデザインは一番の注目事項!
  • 360度フルスクリーンのかっこよさ!
  • CPU性能向上
  • 5G回線対応
  • GoogleHome並のSiriの進化
  • ios12への進化

 

未だわからないことだらけですが

 

新情報が出てきたら随時更新します!

 

一番気になるのは発売日なんですが

 

調査の通り、性能やデザインなどすべての要素と密接に関係してくるので

 

今すぐというわけにもいかず、東京五輪の頃には

 

新しいものが見られると楽しみにしています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク