熊本県から出馬されている園田博之衆議院議員が、刑事告発されるという

ニュースが飛び込んできましたね。

政治資金についてのニュースはほんとたくさん報道されますよね。

今回献金で受け取ったお金を”政治資金収支報告書”に記載していなかった

政治資金規正法違反(不記載)の疑いということです。

 

今回は、園田博之の秘書の逮捕や、経歴、派閥などをピックアップし

政治資金はいったいどういう使われ方をしたのかな?という記事を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

園田博之の秘書が逮捕された?

”園田博之” ”秘書” ”逮捕” という検索がたくさんされているのですが

どうやら秘書が逮捕されたという事実はないですね。

 

代わりに、2003年に園田博之陣営から逮捕者が出たという事実がありました。

 

ですので、園田博之本人でもその秘書が逮捕されたわけでもありません。

熊本県天草市にかつてあった”五和町”の町議会議長らが逮捕された。

となっています。

このときは、詳しく書かれていないですが

選挙でうちに票を入れてくれと一万円で買収したそうです。

 

お金といってもいろいろな使用目的がありますけど、

結局はやっぱり選挙で票を入れてほしいからお金を使う

ということで共通しています。

 

2003年のときは、かなりの逮捕者が出たのですが、お金を出して

票をいれてねってお願いすること自体がほんとうにあるんですね・・・

 

実際にそんなことされたら、投票しにいくのも怖くなってしまうと思いますが・・・

 

園田博之プロフィール

園田博之

出典:http://sonoda-hiroyuki.com/

 

生年月日 1942年2月19日

出身 熊本県天草市

出身校 日本大学経済学部

 

園田氏は政治家になる前は、大学を卒業したあとに日魯漁業株式会社

これは今のマルハニチロという会社に入社しています。

水産系の大手食品会社ですね。

 

父親が1984年に亡くなられていて、政治家をしていた父親を引き継いで

熊本県天草の”旧熊本2区”で初当選しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

園田博之の経歴と派閥は?

 

内閣官房副長官、衆議院法務委員長、自由民主党幹事長代理・政務調査会長代理

新党さきがけ幹事長・総務会長・代表幹事

などなど、内閣官房副長官の歴任はじめ

たくさんの委員長や幹事長代理などの役職をつとめました。

 

現在75歳ですから、かなりいろんな方に支援してもらいながら

長期にわたって頑張ってきたのが伺えます。

 

内閣官房長官、外務大臣、厚生大臣を務めたことがある園田氏の父親 

園田直氏の支援派閥の”清和政策研究会”から最初に支援してもらい選挙戦を

戦っていました。

 

その後は細川政権、麻生政権と渡り歩いて石原慎太郎が党首をつとめた

太陽の党へと、党の移動はかなりしてらっしゃいます。

 

離党や結党をしているのは、自分の信念が固定されてブレない証拠ですかね。

 

色々と意見はあると思いますが、党内の動きが自分の信念や理念と

かけ離れてしまったら、自分に合う党を見つけて次はそこで自分の政策実現に

向けて頑張る他ありませんからね。

 

実は園田博之は2004年に年金の未納問題で名前が上がっていました

実に2年8ヶ月分も未納があったとか。

本人は”勘違い”と弁明していますが、これは印象が悪かったですね。

 

政治献金資金はどこへ使った?

今回問題が発覚したのは、政治資金についてですね。

200万円もの大金を”兵庫県西宮市のNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」”

から受け取っていたとなっています。

 

熊本県で政策実行のために頑張っている園田氏が、兵庫県のNPO法人から?・・・

 

このNPO法人は雇用の安定が欲しかったんですね。

市から請け負う障害者関係の事業(3億円あまり)の安定受注のため

園田博之に政治献金したということです。

国会議員本人へ献金はできないのですが

園田氏の政治団体かなにかに宛てたのかがまずは大事なポイントですね。

 

政治家は知り合いのツテだったりで、今回のNPO法人とそういう話になったとおもうのですが

献金はしてもそれによって何かをアテにすることは法律で禁止されています。

 

 

政治献金についての詳しい記事はこちら

企業献金とは?禁止にすると何がどうなる?本音を分かりやすく解説!

 

 

ここまではなんの問題もないんですが、もらった園田氏のほうが

政治資金記載報告書に記載していなかっただと?

そんなうっかりがあるのかな?いやないでしょ・・・

誰もが思ってしまいますね。

 

ホームページ 園田博之

出典:http://sonoda-hiroyuki.com/

ホームページには、わかりやすく”政治献金のお願い”として

活動のためにご協力くださいと、献金の目的や

振込方法、振込先銀行、注意事項など細かく書かれています。

 

このページにもはっきりと書かれています。

 

”皆様から頂きます貴重な献金は、政治活動に大切に活用させて頂き、
政治資金規正法に基づきご報告させて頂きます。”

という文言と

”個人による寄附のみが可能です。一個人から一資金管理団体への寄附の限度額は、年間150万円までです”

引用元:http://sonoda-hiroyuki.com/

 

ここまでわかりやすく書かれているのに、今回のこの不祥事はどうなんでしょう・・・

言い訳できるんでしょうか、謎ですよね。

納得いかないひとがたくさんいるんじゃないでしょうか。

 

個人による寄付のみが受付可能なのに、NPO法人からお金を受け取っていいの?という疑問と

寄付限度額の150万をオーバーしているけど、それって大丈夫なの?という疑問があります。

さらに、園田博之氏個人の講座に振り込まれたらしいじゃないですか!

 

 

振込依頼書

出典:mainichi.jp/articles/20171201/k00/00m/040/133000c

 

もう一度、書きます。

政治家本人へ宛てた献金は禁止されています。

今後NPO法人は刑事告訴すると言っています。

つまり、NPO法人からしてみても、ちゃんと政治資金報告書に記載してくれるんですよね

という前提のもとで支払っているということがわかりますね。

 

しかし、本人に宛てているというところはNGなのでは?・・・

NPO法人サイドは、本人の名前が記載されているのにもかかわらず

それを後援会かなにかだとおもったのでしょうか?

謎が謎を呼びます・・・

 

 

しかも個人口座に振り込まれたお金をあとから政治のために

何と何に使ったと釈明できるんでしょうか。

本人にしかわかりませんよね。

 

今後、本人がテレビや国会で事の真意を表明するときが来るのを待ちましょう。

 

※12月3日追記

園田博之氏の事務所に、その後報道陣が来たりして秘書が対応しました。

当の本人は、県外で療養中ということで続報を待ちましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク