スポンサーリンク

トランプ大統領プロフィール

生年月日 1946年6月14日(71歳)

アメリカ合衆国の実業家・政治家

第45代アメリカ合衆国大統領

アメリカの不動産王とよばれ、有名な所有物件に”トランプタワー”がある

トランプ大統領はなぜ来日するの?

11月5日トランプ大統領が来日するため、都内のあちこちですでにコインロッカーの使用ができなくなっている。

5~6日は都内の交通規制も行われ、警備もこれでもかと厳重になる・・・らしい。

トランプが日本にいるということで、北朝鮮のミサイルが飛んでこないかもとても心配だが・・・

そもそもなんで日本に来るのかな?と疑問に思いますよね。

それは、日米首脳会談をひらくため

それから、北朝鮮の拉致被害者家族と面会するため

この2つが大きな理由となっています。

5日に日本に到着したら、松山英樹さん、安倍首相とともにゴルフにも行くらしいです。

2014年の4月に、前オバマ大統領が来日したときに、拉致被害者家族と面会していますので、それ以来の米大統領と拉致被害者家族の面会になりますね。

オバマ大統領は、”解決をサポートして日本政府と連携したい”と語っていましたが、2017年現在、悲しいことに拉致に関して具体的な進展はないままですね。

北朝鮮拉致被害に関して、トランプ大統領からはどのような考えが聞けるのか、今後の具体的な進展のお話があるのか期待してしまいますね。

スポンサーリンク

首脳会談で何を話すの?

北朝鮮の挑発行為に関して連携した対応を取って行くんだとは思いますが、個人的な意見としては、安倍さんからはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の復帰の話をトランプ大統領に提案してほしいですね。

トランプ大統領はかたくなにTPPの離脱を決めていましたから、普通に話すだけでは動かない気もしますので話の持って行き方に工夫が必要だと思います。

 

訪日の後にアジア各国も回ります。

ベトナムで行われるAPECではアメリカ抜きの新TPP案の合意も予定に組まれています。

トランプさんはそれを外からただ見てるだけ~っていうのも・・・それこそ何しにベトナムまで来たんだかと思ってしまいますね。

これから日本とどう歩んでいくのか?

日本と歩みを合わせていくのなら、ミサイルと拉致被害に関しての連携はこれからも欠かすことは出来ないし、TPPもお互いの利益の為に大切な取り決めなのになかなかうまくいかないものです。

日本のアメリカ軍基地でのオスプレイもいつまた落ちるかも心配です。

でもトランプさんを見ていると、ただ否定しているわけではなくて、見ている国民の考えが及ばないほどずっと先のことを見ているような気がするのは私だけですかね・・・。

よほど先を見通す力がなければ、ビジネスであれだけの利益を上げられないよね?と単純に思うわけです。

スポンサーリンク