W杯ロシアがいよいよ近づいてきました!

 

日本代表の23人が発表され、初戦のコロンビアに向けて

 

全力で向かっていってほしいですね!

 

日本代表の中での本田圭佑選手は点を取ったり試合運びをしたりと

 

4年前と変わらず代表の中心で活躍してくれることでしょう。

 

今回は

 

本田圭佑の両親(父・母)は離婚して父子家庭に?

嫁と子供の現在は?

 

について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

本田圭佑プロフィール

本田圭佑
出典:https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/587117

 

  • 生年月日 1986年6月13日(31歳)
  • 出身地 大阪府摂津市
  • 身長 182cm
  • 体重 74kg
  • 在籍チーム  CFパチューカ

 

摂津市立鳥飼北小学校の2年生の時、兄の弘幸さんが5年生の時に一緒に地元の摂津FCに入団しサッカーを始めます。

 

本田圭佑選手が2年生の時に、実は両親が離婚していて圭佑少年と兄はお父さん方に引き取られました。

 

3歳年上の兄の影響もあり、自宅前や道路、近くの公園、空き地でボールを蹴っていた圭佑少年。

 

少年の圭佑君にとって親の離婚は大変なショックだったようです。

 

「幼い頃に私の両親が離婚した。大好きな親だったからショックを受けました。毎日、練習に明け暮れた。サッカーをしている間は両親のことを考えずに済んだ」

引用元:www.nikkansports.com/

 

このように夢中でボールを蹴っていたといいます。

 

両親の事を考えなくていいように・・・。

 

家庭は決して裕福ではなく、冬場でも半袖半ズボンのまま・・・。

 

夏場はヤブ蚊が飛ぶ中でサッカー

 

ドブ川にボールを落としながらもお構いなしにサッカーと

 

サッカーサッカーの日々だったようです。

 

「弘幸がサッカーがうまかったことや、私の息子の多聞(本田多聞氏)がレスリングでオリンピックに出場していたこともあって、圭佑は小さい頃から負けず嫌い。

引用元:www.nikkan-gendai.com/

 

なにかにつけて勝負を挑む本田少年。

 

ご飯を食べるスピードや、学校から帰るときも常に競争していたという

 

負けず嫌いの塊のような性格。

 

サッカーと真正面から向き合って夢中になっていたのもあってかメキメキ上達していき

 

中学ではガンバ大阪ジュニアユースに所属するまでになっていました。

 

しかしここでは体格が小さめで走るスピードもそれほど速くありませんでした。

 

成長期が他の選手よりも遅く

 

体の成長に対して心がついていかない、感覚がわからなくなってしまう「クラムジー」に陥ります。

 

中3の進学時にこういう状況になり

 

サッカーのことを考えて名門校に行きたかった圭佑少年は人生で最大の挫折を味わいます。

 

しかし、あっさりと考えを改め

 

誰も知らないところにいき、また一から自分を認めてもらう思いから

 

高校は石川県の星稜高校に進学。

 

1年生当時から活躍し、3年生に時にはキャプテンとして全国大会にも出場。

 

この時石川勢で初のベスト4になるという快挙を成し遂げています。

 

高校卒業後は名古屋グランパスエイトと契約。

 

契約時の要項に

 

「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」

引用元:Wikipedia

 

と記し、この時すでに世界に飛び立つことを想定していました。

 

本田選手は小さい頃から周囲に見栄を張る子供だったといいます。

 

「例えば、小学校の時なんて勉強がそれほど好きじゃないのに、宿題をわざと自宅前の道路でやってね。兄ちゃんにあらかじめ教わった難しい漢字なんかを道路に書いたりして。それで、近所の子供たちに『オレ、ちゃんと宿題やってるし、こんな漢字も書けるんやぞ』ってアピールする。そうやって、常に強がっていた」

引用元:www.nikkan-gendai.com/

 

このエピソードも両親の離婚が影響しているように私は思えました。

 

どこかで父と母を必要としている自分がいるけれど

 

実際にはどうしようもない。

 

そんな寂しさが現れているようですね。

 

周囲へのビッグマウスはこの時から健在で

 

「一度口にしたことを実現する力」は半端じゃなかったそうです。

 

小学校の卒業文集には「将来はセリエAでプレーする」と書いた本田少年。

 

この時から背水の陣じゃないですけど、自分を全力で走らなければいけないところまで追い詰めていたようにも感じます。

 

これを実現させる力があるのがスゴイことですが

 

何年も変わらず努力し続けるのってほんと大変だし

 

報われないこともあります。

 

結果としては

  • VVVフェンロ
  • CSKAモスクワ
  • ACミラン

と名だたる名門を渡り歩き

 

現在はブラジルのCFパチューカでプレイしています。

 

CSKAモスクワでは年俸3億円

 

ACミランでは7億円とも言われ

 

世界のトッププレイヤーの仲間入りを果たしました。

 

本田圭佑選手はサッカー以外のところでも

 

  • 熊本県に寄付
  • イタリア赤十字に寄付
  • メキシコ赤十字に寄付

 

地震が発生した際に寄付をするという活動を行っています。

 

さらにサッカースクールの経営者としての顔もあり

 

今後は後進の為にサッカービジネスに就く予定があることも知られています。

 

年齢的には今回のロシア大会がもしかしたら最後になるかもしれないワールドカップ。

 

相手は強豪国ばかりですが

 

本田圭佑ならやってくれそうという期待の雰囲気が一番出ていると思うのは私だけでしょうか。

 

ぜひ結果を出してほしいです!

 

本田圭佑の両親(父・母)は離婚して父子家庭に?

前述しましたが、本田圭佑少年が小学校2年生のときに

 

両親が離婚しています。

 

父に引き取られた圭佑少年と兄の弘幸さん。

 

しかし実際の育ての親はおじいちゃんとおばあちゃんでした。

 

本田圭佑の父親は?

本田圭佑選手の父親は本田司さん。

 

圭佑少年に最初にサッカーを進めたのは父の司さん。

 

司さん自身、高校の時にサッカーをしていた経験があり

 

「一番になれ!」

『お前が休んでいる間にブラジルでは練習しているぞ』

『お前の試合は全く見れへん』とか容赦なく言われましたから

引用元:http://jr-soccer.jp/2014/06/07/post23206/

 

司さんは、楽をしようという考えが大嫌いで

 

本田圭佑さんにその生活ぶりが見えるといつも怒られ

 

怒られる内容はいつもメンタルのことばかり。

 

こんな言葉を何度も何度も言われ

 

トップにこだわる強いメンタルがむき出しの本田選手になったといいます。

 

子供の頃は父の大阪の家には、父の姉の子の”ようちゃん”も一緒に住んでいたそうです。

 

ようちゃんは圭佑少年と同い年で

 

サッカーの練習相手として兄とともに3人で近所を走り回っていました。

 

ようちゃんはサッカーの練習相手以外にも

 

圭佑少年のメンタルの支えにもなってくれた重要人物。

 

今の本田圭佑があるのはようちゃんのおかげと言ってもいいほど感謝すべき人物だそうです。

 

司さんは若い頃から仕事が長続きしないにもかかわらず野心家でした。

 

一時期外国産の松茸などの輸入が軌道に乗り

 

野菜卸業をやっていた時期も。

 

しかしどれもこれも

 

新しい仕事を始めては潰すを繰り返し

 

経済状況は不安定で家庭を顧みることも少なかったそうです。

 

父方に引き取られたのに、その父が家庭を顧みないということで

 

圭佑少年と弘幸さんとようちゃんの面倒を見ていたのは

 

司さんの父と母

 

圭佑少年の祖父と祖母にあたる満さんと晶子さんでした。

 

本田圭佑は祖父と祖母が養っていた?

本田圭佑選手の祖父:本田満さん(故人)

祖母:本田晶子さん

 

満さんは3人を引き取ってから

 

本田選手が星稜高校に行くまでの期間の親代わりでした。

 

ガスボンベを運ぶ運送業でお金を稼いでいましたが

 

それだけで育ち盛りの3人を食べさせてはいけず

 

祖母の晶子さんも清掃業や皿洗いなど

 

常に3つほど仕事を掛け持ちして

 

朝から晩まで働き詰めで稼いでいました。

 

こんな家庭状況なので

 

圭佑少年が帰ってくる頃には家には誰もいませんでした。

 

この時から何もかも一人で全てやらなければいけない環境になっていたのです。

 

中学にはいり、ガンバユースに通っている頃は

 

「お前、なんでモノレールで行っとるんや。チャリンコで行くのもトレーニングやろ」

引用元:http://jr-soccer.jp/2014/06/07/post23206/2/

 

と父から言われ、

 

モノレールに乗る300円を浮かせるために

 

片道1時間の道のりを自転車で通っていた本田選手。

 

表にはトレーニングの為と言っていたそうですが

 

この行動は働き詰めの祖父母を助けたい一心で

 

圭佑少年が出来た「親孝行」の一つでした。

 

おじいちゃんの満さんも影ではお金の工面をしながらも

 

圭佑少年にはとてもとても厳しかったそうです。

 

『お前なんか絶対に一流になられへん』『甘い』と毎日怒られていました。俺と兄貴がウチで寝ていると『外走ってこい』と。『お前らみたいな休んでいるやつがなんで一流になれるんや』と言われてね。僕は小さい頃からそんな家族に認められたい一心だったかもしれない。毎回『見返してやる』って思っていましたから」

引用元:http://jr-soccer.jp/2014/06/07/post23206/

 

家族の中で父も祖父も厳しい言葉を圭佑少年に浴びせる毎日

 

そんな「日常」の中でハングリー精神が増していったんですね。

 

子供の頃から他の子にはない厳しい環境で育った本田選手。

 

今では海外のサッカークラブに移籍しプレーするようになりました。

 

しかし、たまに日本に帰ってくるときは大阪の父の家ではなく

 

広島県にある実母の家に行っていました。

 

本田圭佑の母親は?

本田圭佑選手の母親の名前は明らかになっていません。

 

周囲からは「えっちゃん」と呼ばれていました。

 

広島の出身で、若い頃には大阪に出てきて保険のセールスレディをしていました。

 

ここで司さんと出会い、結婚に至り

 

兄・弘幸さんと圭佑さんを授かります。

 

前述したように、司さんの仕事が安定せず

 

家庭を顧みない状況が続いていた中

 

浮き沈みの激しい生活と子育ての心労が重なり精神が不安定になっていきます。

 

「えっちゃん(母親)は病気がちでね。結婚しているときもよく療養に帰ってきていたんよ」

引用元:https://jisin.jp/serial/

 

いろんな悪いことが重なってしまったんでしょうかね。

 

本田選手は母親のことを多くは語りませんが

 

気が強く、周囲に大口を叩く本田選手が唯一弱音を吐ける相手だったのではないでしょうか。

 

圭佑少年が小学生の頃

 

周りに内緒で自分でお金を貯めて、兄とともに母親のいる広島まで会いに行ったエピソードがあります。

 

祖父母には内緒で出かけていたことからも、周囲に気を使う子だったのが分かりますね。

 

広島の家では圭佑少年の母と祖父母の3人が住んでいました。

 

母とおばあちゃんに

 

『一軒家を建ててやる』

引用元:https://jisin.jp/serial/

 

と約束をした圭佑少年。

 

しかしこの夢は現実にはなりませんでした。

 

2010年頃に母方の祖父母とも他界し

 

広島の実家にはよっちゃん一人だけになってしまいます。

 

これを誰よりも心配していた本田圭佑選手。

 

母はここから施設で生活することになります。

 

その後も帰国した際には母に会いに来る本田選手。

 

ビッグになるにつれてお供の人や運転手も付くようになり

 

近寄りがたい存在に・・・。

 

親戚の人は、サッと来てサッと帰ると言っています。

 

本田選手が結婚したときもお嫁さんを連れてきたといいますから

 

これからも帰国の度に母の元に帰るんでしょうね。

 

病状が心配ではありますが

 

母も応援している本田選手の活躍には誰もが期待してしまいます。

 

兄・弘幸について

本田弘幸
出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/830222

 

  • 名前 本田弘幸
  • 生年月日 1983年12月10日
  • 出身 大阪府摂津市
  • 身長/体重 178cm/75kg

 

摂津市立鳥飼北小学校5年生のときに摂津FCに所属。

 

中2の時に選抜入りし、関西ガンバ杯で優勝。

 

高校はサッカーの名門帝京高校に進み

 

ガンバ大阪と神戸のテスト生を経て

 

その後アルゼンチンリーグでプレイ

 

2003年〜 リバープレート(Club Atletico River Plate)

2004年〜 テンペレイ(Club Atletico Temperley)

 

その後には大分トリニータに移籍予定でしたが

 

怪我による手術をするも現役復帰不可能となり

 

2008年に引退し、エージェント&マネジメント会社でアスリートのサポート業務に携わります。

 

2012年にはHEROE株式会社を設立し

 

本田選手をはじめとした代理人の仕事をしていて

 

海外契約時などに本人に変わって現地に乗り込んだり

 

事務的な作業をするといった形のお仕事と思われます。

 

本田選手の近くには常に兄の存在があり

 

これまでも二人三脚でがんばってきたといいます。

 

スポンサーリンク

 

本田圭佑の嫁と子供の現在は?

本田選手は2008年に

 

保育園に勤務していた一般女性と結婚しています。

 

元保育士ということですね。

 

厳しい少年時代を歩んできた彼の嫁と

 

子供について詳しく調査してみました。

 

本田圭佑の嫁は?

本田圭佑選手の嫁は本田美沙子(みさこ)さん。

 

本田選手と同い年で、最初の出会いは高校の時でした。

 

本田選手は星稜高校で

 

奥様の美沙子さんは金沢西高校でサッカー部のマネージャーをしていました。

 

お二人の馴れ初めは、以前テレビ番組でアンタッチャブルの柴田さんが暴露しています。

 

「試合が始まる前に相手のベンチを見たら素敵な女性がいた。その女性をどうしても落としたいと。そのためにはどうすればいいか」と切り出した柴田は、その女性に一目惚れをした本田が「(練習試合で相手校を)ボコボコにして、試合が終わった瞬間に相手チームのベンチに一人で乗り込んでいって彼女に“付き合ってくれ”って言った」と続けた。

さらに柴田は「彼女も面喰らってついつい“はい”って言っちゃって付き合いはじめて、(その女性が)今の奥さん」と説明

引用元:http://news.livedoor.com/

 

これがほんとならばすごい肉食系の本田さんですね!

 

高校時代のプリクラは若いお二人のラブラブな感じを見ることが出来ます。

本田、夫婦、プリクラ
出典:http://www.akb48matomemory.com/

 

高校時代は5時に起床して一日も休まず練習していた本田圭佑選手。

 

一日も休まずです!

 

そんなサッカー漬けのこのタイミングから今のお嫁さんと

 

デートを重ねていたのがプリクラから分かりますね。

 

まぁ、学校帰りの軽いプリクラかもしれませんが・・・。

 

そういうひとときでもデートはデートですからね!

 

美沙子さんは高校卒業後に保育士として働き

 

お二人が22歳になった2008年の7月に結婚しています。

 

本田圭佑、嫁、美沙子
出典:http://nikkanakujo.blog.fc2.com/
本田圭佑、嫁、美沙子
出典:http://nikkanakujo.blog.fc2.com/

 

本田さんは奥さんの美沙子さんにベタぼれ。

 

2011年にCSKAモスクワ時代に右膝半月板を損傷し

 

スペインで手術を受けるもその後も度重なる怪我に襲われ

 

長期離脱していた頃がありました。

 

そんなときも美沙子さんの献身的な支えがあったのでしょう。

 

「親父さんに“圭佑のケガはどうや?”って聞いたら“知らん”って(笑い)。“嫁はんがしっかりしてるから。オレがロシアに行っても何もしてやれんからな、邪魔なだけやろ。嫁はんに任しておけばええんや”というてました」(本田家の知人)

引用元:www.news-postseven.com/

 

と父の司さんも圭佑さんの怪我が心配でたまらないと言った様子ですが

 

ほんとに美沙子さんは信頼がおける人で

 

ひとえに、高校時代の出会いから始まり

 

本田選手の本心というか、野心というか心の奥まで理解しているから

 

支えることも完璧にできるんじゃないかなって思いますね。

 

なによりも愛しているといったほうが早いでしょうか。

 

書いてるこっちが恥ずかしくなりそうなくらい深い絆で結ばれているんでしょうね。

 

保育士の美沙子さんは料理も得意で

 

本田選手は「嫁の料理はめちゃくちゃ美味しい、彼女がいてくれたからここまでやってこれた。」

 

と語るほどです。

 

「本田は“嫁の料理はめちゃくちゃ美味しい。彼女がいてくれたから、自分もここまでやってこれた”というほど奥さんにベタ惚れなんです」

引用元:http://www.news-postseven.com/

 

しかし海外生活の有名人の妻ともなると

 

パパラッチに悩まされていたそうで

 

元から人見知りの性格だった美沙子さんはさらにふさぎ込むようになったこともあったそう。

 

お互いがお互いを支え合って来たことでしょう。

 

海外で生活すること自体、語学の面だけじゃなくいろんな心配がありますもんねぇ。

 

友達も少ない中で一からスタートするのはほんと大変だと思います。

 

本田選手はオランダ→ロシア→イタリア→メキシコと移籍していますから

 

そりゃついていくだけで大変だ・・・。

本田圭佑、嫁、美沙子
出典:http://nikkanakujo.blog.fc2.com/

 

こんな移籍ばっかりで忙しそうな本田選手と美沙子さんですが

 

2012年に子供が誕生しています。

 

スポンサーリンク

 

本田圭佑の子供は養子?

2012年の秋に長男を、2014年12月には長女が誕生しています。

 

2008年の結婚から4年経過しても子供の話が一切なく

 

一時は本田圭佑の嫁は不妊?とも噂されました。

 

しかし周囲のそういった噂を一蹴するためか

 

モスクワから帰った本田選手が子供を抱えて空港に着いた様子が激写されたときがありました。

 

子供が出たことで不妊から繋がって養子か?とも噂された本田選手。

 

有名人って辛いですね・・・。

 

保田圭佑、子供
出典:http://freefootball.wp-x.jp/

 

かわゆす!!

 

こちら2013年のものなので子供は0歳9ヶ月くらいといったところかな。

 

それ以外にはほんと生まれたてじゃなかろうかという画像もありました。

 

本田圭佑、子供
出典:https://pixls.jp/I0001721

 

どちらとも長男です。

 

長女の画像に関しては一切ありませんでした。

 

まぁ、不妊説を否定するために一度きりという事だったんでしょうか。

 

2018m年現在も子供の情報に関しては何一つありません。

 

長男は現在小学校一年生、長女は4歳ですね。

 

写真からみると今はかなり成長しているはずです。

 

上の子は小学生ですもんね。

 

実は私の子も同じ学年なのでかなり現在の本田息子を想像しやすいんですが

 

今はメキシコで家族で暮らしているであろう事から

 

小学校もメキシコの小学校に行っているのか?すっごい気になります笑

 

我が子を見ていると、言語の違う小学校に通わせるのはかなり心配です。

 

まさか子供だけ日本に来て祖父母のお世話になっているなんて可能性は

 

ここまで本田選手の家族を調べて見た限りでは可能性は低いと思います。

 

下の子の長女も4歳にもなれば、喋りますしおむつもとれるし

 

自転車なんかも乗り回すほどになりますからね。

 

成長という意味では本田選手の子供の現在はとっても気になるところです。

 

近いうちにちらっとでも報道してくれればいいんですけどね!

 

まとめ

本田圭佑の両親(父・母)は離婚して父子家庭に?

嫁と子供の現在は?

 

について調査してみました。

 

詳しく調査してみると本田選手は昔からサッカーに明け暮れていて

 

父である司さんのおかげでメンタルが鍛えられ

 

さらには祖父母や妻の献身的支えもありながら

 

今の本田がある!ということがわかりましたね。

 

本田選手の性格としては、表向きはビッグマウスですが

 

それにも理由があって、自分を追い込むという意味だったり

 

弱いと分かっているからこその発言ということも感じ取れます。

 

これまでに自分に枷をかけて今まで生きてきたのかと思うと

 

尊敬せずにはいられませんね。

 

ロシア大会の本番が始まろうとしていますから

 

国民全員で大いに期待したいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

大迫勇也の嫁の三輪麻未はお嬢様?子供(娘)や結婚の馴れ初めまとめ!

大迫勇也の【家族】両親(父・母)はどんな人?兄弟はいるのか気になる!

長友佑都の両親(父・母)は離婚して母子家庭に?姉が同居してて弟は?

香屋ルリコ(原口元気の嫁)は元局アナ?馴れ初めや結婚して子供は?

宇佐美貴史が結婚した嫁との馴れ初めは?子供2人の名前も気になる!

武藤嘉紀の父親は医者?母親と姉弟は慶應出身で嫁も?家族そろって頭いい!

香川真司の両親(父・母)の職業は?姉は美人!彼女と結婚は?

岡崎慎司の両親(父・母)はアスリート?兄の職業はアムウェイ?

乾貴士の嫁(なな)は元保育士?馴れ初めから結婚まで!離婚の噂も?

レヴァンドフスキの両親と家族(嫁や子供)が気になる!経歴や戦績も調査!

ハメスロドリゲス(コロンビア)の離婚した嫁や現在の彼女は?子供についても!

 

 

スポンサーリンク