エンゼルスに移籍した大谷翔平選手と同じ苗字”大谷”

 

二刀流も同じという大谷拓海(おおたにたくみ)さん。

 

現在中央学院の2年生にして投打においてチームを引っ張る存在になっています。

 

昨年の関東大会では強豪を撃破し優勝しています。

 

今春のセンバツでは優勝の期待のかかる中央学院のエースに注目!

 

  • 大谷拓海に彼女はいる?
  • 大谷拓海の父や妹が気になる
  • 二刀流で大谷翔平のようにプロで活躍する?

ということについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

大谷拓海プロフィール

 

  • 名前 大谷拓海(おおたにたくみ)
  • 生年月日 2000年7月13日
  • 出身 千葉県印西市
  • 血液型 A型
  • 身長/体重 180cm/77kg
  • ポジション 投手・外野手
  • 投打 右投げ左打ち

小学校2年生のときに野球を始め

 

出身中学校は印西市立滝野中学校

 

中学時代は船橋シニアに所属していました。

 

そして中央学院に進学し、なんと一年生からレギュラー!

 

昨年の秋の高校2年生の関東大会で優勝したのがキッカケでものすごい注目度が上がりました。

 

優勝前からすごかったんですけどね。

 

一回戦では埼玉1位の花咲永徳を破りこの試合ですでに優勝するんじゃない?

 

と思ってましたよ!だって花咲永徳は直前の夏の甲子園で優勝しているんですからね〜。

 

超強力打線の花咲永徳を3失点で抑えてしまうんですよ、すごいです。

 

関東大会は出場校も多く、甲子園出場の前の難関ですが

 

霞ヶ浦・東海大相模といった甲子園でよく聞く強豪も撃破して決勝に出場しました。

 

一年生のときはオーバーハンドで投げていたのが、チームの勝利を考えた末に

 

ややサイドスロー気味の投げ方に変えたそうです。

 

ストレートの最速は145km/h

 

ピッチャーとしての話ばっかりですが、二刀流なのでバッターとしてもすごいんです!

 

ピッチャーにして1年生のときは打線で3番

 

2年生の時は4番で打席に立っています。

 

現在23本のホームランを記録していて

 

まさに大谷翔平の再来?といった飛び抜けた話題性を持っていますね。

 

目標の選手は、ピッチャーがダルビッシュで打者はソフトバンクの柳田悠岐

 

今春のセンバツでは事前の優勝候補にもあがるであろう中央学院に期待がかかります!

 

昨年の関東大会以降に体重を7kgも増やしたそうで

 

球の速度やバッターとしてのスイングにもいい影響が出そうです。

 

ビルドアップの方法は焼肉屋に繰り出し大好きなタンを食べること。

 

一緒にラーメンどんぶりいっぱいの白飯1.2kgも平らげるそうです。

 

一番食欲がある時期とはいえ、何かも規格外ですね!

 

大谷拓海に彼女はいる?

 

投打を高レベルでこなす大谷拓海さん。

 

気になる彼女はいるんでしょうか?

 

身長が180cmもあり野球部エースです。

 

現在17歳と青春ど真ん中ですが、彼女や恋愛といった情報は一切ありませんでした。

 

情報が出ないだけで、実際にはどうかわかりませんけどね。

 

学校ではかなり人気者でしょうし、女子ももちろんいますから

中央学院

出典:www.chuogakuin-h.ed.jp/blog-all/club-blog/4658/

 

キャーキャー言われてるのは間違いないと思います。

 

写真は甲子園出場の報告会の様子。

 

壇上にこんな形で上がっていれば全女子の目に写りますから、ねぇ。

 

不明でしたので情報が出るのを待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

大谷拓海の父や妹も気になる!

野球少年でここまで活躍している大谷拓海さん。

 

お父さんの指導とか一緒に練習した〜なんていう情報はないものか探してみました。

 

妹さんもいらっしゃるということで家族が気になりますよねぇ。

 

しかし、情報が出てきていなく現在は何もわからずじまい。

 

今後活躍してメディアで取り上げられれば色々と知るキッカケになるでしょう。

 

大谷拓海はニ刀流でプロ濃厚?

 

来年高校3年生になり、夏の甲子園などでもどんな活躍をしてくれるのか楽しみですね!

 

まだ出場するかは分かりませんが・・・。

 

今の段階ですでに中日が目をつけているらしいのです。

 

大谷翔平選手のように二刀流でプロ野球界へ、となるのでしょうか。

 

実績を見ていたらそうなるのは簡単に予想できますね。

 

二刀流を続けられたら、最後まで続けたい

引用元:athleterecipe.com/column/1/articles/201801290000408

 

とプロにはいっても二刀流で行く意思は硬いようです。

 

アメリカでは大谷翔平選手の二刀流としての今後が注目されますが

 

日本の大谷2世にも今後かなりの注目が集まること間違い無し!

 

一戦一戦を楽しみにしていますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク