2018年の3月にメジャーデビューが決まったアイドルユニットOnePixcel

東宝芸能から初めてのアイドル誕生ということで、これからの活躍に注目が集まりそうです。

 

12月16日にワンマンライブを開催し、その場でメジャーデビューを知らされたファンは大盛り上がり!

そして、デビューシングルの「LAGRIMA」が、ドラゴンボール超のエンディングに決まりました!

これを知らされていなかったメンバーはサプライズにびっくりしてましたね!

 

今回は、まだほとんど知られていないOnePixcelのこれまでの活動の経緯や、脱退メンバーがいること、候補生の存在もあることを詳しく書きたいと思います。

 

すこしでもワンピクの事を知ってもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

OnePixcelは通称ワンピク?

 

 

OnePixcelは3人のメンバーで構成されています。

傳彩夏でんあやか(17歳)、田辺奈菜美たなべななみ(18歳)、鹿沼亜美かぬまあみ(18歳)の3人組。

 

公式ブログでは3人の日記を見ることができます。

日記内ではOnePixcelのことをワンピクと表記していますので、有名になってきたらみんなワンピクと略すのだと思いますね。

 

個人の詳しいプロフィールはこちらにまとめてあります。

鹿沼亜美(OnePixcel)の彼氏は母親公認?高校も調べてみた!

田辺奈菜美(OnePixcel)の高校はどこ?すっぴんや私服画像も!

傳彩夏(OnePixcel)は兄や母と仲良し!キレダンス動画も!

 

東宝芸能といえば、東宝シンデレラオーディションが有名です。

過去には、沢田靖子さんや長澤まさみさん等女優として一線で活躍する人が選ばれています。

 

そのオーディションとは別で東宝芸能創立50周年!!新人男女募集オーディションという企画に応募したのが傅彩夏さん。

このときは落選したものの、その後の音楽オーディションで集まった田辺奈菜美さん、鹿沼亜美さんとアイドルユニットを組むことになり生まれたのがOnePixcelです。

 

2015年の9月20日に活動開始となりました。

 

OnePixcelの脱退メンバーがいた?

じつは、結成当初の2015年9月、このときメンバーは4人いたんですね。

傅彩夏さんと同じオーディションを受けて落選している狐塚来愛(こずからいあ)さんです。

狐塚来愛

出典:hustlepress.co.jp/onepixcel_interview/

 

当時のニュースでも、4人での活動開始と発表されています。

 

ここから1年間4人で活動していました。

しかし、2016年の9月に”狐塚来愛脱退”と公式ページでの発表がありました。

原因は体調不良

狐塚来愛脱退

出典:http://www.onepixcel.jp/01news_cms/news-detail.php?id=21

 

詳細が一切伏せられていて、ファンは悲しみに暮れたようです・・・。

 

多感な時期のこういった活動に慣れなかったのかわかりませんが、2017年の今現在でも東宝芸能に所属している狐塚来愛さん。

来るべき時がきたらOnePixcelに復帰!なんてこともあるのでしょうか・・・。

 

こういうこともありながらシングル2枚、ミニアルバム1枚、フルアルバム一枚をリリースし、2017年12月まで活動してきました。

 

スポンサーリンク

 

OnePixcelには候補生がいる?

狐塚来愛さんの脱退を機に、新メンバーを募集するとの告知があった東宝芸能。

そこで選ばれた新メンバーが候補生と呼ばれています

 

候補生の位置づけがよくわかりませんが、ハロプロでいうハロプロ研修生みたいなもの?

AKBでいうAKB研究生のようなものなのかな?

 

新メンバーは6人選ばれ、現在別のアイドルグループPIXMIXとして活動しています。

PIXMIX

出典:http://www.pixmix-official.com/biography/

 

ワンピクもピクミクももうそれぞれ活動しているので、ピクミクからワンピクに人員異動なんてことがあるんでしょうかね?

東宝芸能としては、どちらも売り出していく方針なのかもしれません。

 

まとめ

OnePixcel(ワンピク)は傅彩夏、田辺奈菜美、鹿沼亜美の3人メンバー。

過去に脱退メンバー狐塚来愛がいた。

ワンピクの候補生PIXMIXがアイドルグループとして活動している。

 

なにやらAKBのようなごちゃごちゃした感じになっていますが、たくさんいるアイドルの中でも突出した存在になるのは難しいものですよね。

これから大いに活躍していく姿を見ていきたいと思います。

 

以上

 

スポンサーリンク