徴用工問題

 

 

元徴用工4人に合わせて4000万円の賠償を命じる判決が10月30日に出ました。

 

韓国人を日本国内で働かせていたとして、戦時中に遡る問題を今も裁判で争っていた日本の企業と徴用された韓国人。

 

徴用工問題って一体何?どういうことが問題で、ただでさえ悪い日韓関係にどう影響するの?といった所をなるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

徴用工問題とは?わかりやすく解説!

徴用工問題とは
引用元:headlines.yahoo.co.jp/

 

日本による植民地時代に、強制徴用された韓国人4人が新日本製鉄(現在の新日鉄住金)に損害賠償を求めた裁判が行われていて、韓国の最高裁は原告を逆転勝訴させた差し戻し控訴審判決を支持し、1人あたり1000万円の賠償金を支払う命令を下しています。

 

「徴用工」とはこの強制徴用された韓国人の事を指しています。

 

今はもう本人たちは亡くなられていて、遺族が引き継いでいる状況なんですね・・・。

 

もうすこし解体して詳しく見ていきます。

 

徴用ってどんな意味?

徴用」とは

 

 

戦時などの非常時に、国家が国民を強制的に動員して、一定の仕事に就かせること。また、物品を強制的に取り立てること。

引用元:コトバンク

 

 

国家が国民を強制動員って、おかしくない?

 

韓国と日本は違う国じゃん?

 

と素朴な疑問が浮かんできますね。

 

しかし、この当時は韓国は日本の植民地となっていたので、韓国は日本という一つの国として見られていました。

 

そして「工」は「工員」のことです。

 

「工員」とは、簡単に言えば工場で働く労働者のこと。

 

それがのちに徴用工問題となるのですが・・・。

 

徴用工問題とは?

徴用工問題とは

 

植民地となっていた韓国とはいえ、韓国民を強制労働の人員とし日本に送っていた「事実」が問題視されているということです。

 

もっと簡単にいえば、日本企業が韓国人に重労働をさせていたってことですね。

 

しかしですね、労働の対価としてちゃんと給料は支払われていました。それに、韓国人のみならず日本人も同じように徴用されて労働させられていたんです。それが「徴用」の意味でもありますからね。

 

じゃあなんで問題にしてるの?ってことになるんですが。

 

韓国としては、「日本企業の強制動員そのものが韓国の憲法で見れば違法だ」と主張しているわけです。

 

分からなくはないですよね。

 

命令されれば有無を言わさずに労働しなければいけないなんて、今の社会ではまったくもって通用しません。

 

昔の社会だからという事も全く当てはまりませんね。

 

そういうわけでずっと徴用工問題として裁判で争ってきた経緯があるのです。

 

スポンサーリンク

 

徴用工問題は解決済み?

徴用工問題は、すでに問題ではなくて「解決済」の出来事だった?

 

こんな事を聞いたら「はぁ?じゃあなんで今さら争ってるの?」ってことになりますよね。

 

実はちゃんと日韓の間で協定が結ばれている過去があるんです!

 

それは1965年の「日韓請求権協定

 

この協定では、

 

日本が韓国に5億ドルの経済支援を行う

徴用工問題

 

この条件を日本が受ける代わりに、国と国との間で、もしくは日本人と韓国人の間で、一切の請求をしないことを約束しています。

 

5億ドルって日本円で500億円ですから、相当の金額ですよね・・・。ウォンは日本円の1割くらいの価値なので韓国からしてみたら500億ウォンももらったことになります。

 

つまり、企業に損害賠償など請求できるわけがないのです。

 

1965年のこの日韓請求権協定でそう決まっちゃってるんですよ。なのに今回は賠償命令が下ってしまったんです!

 

どうですか?理解すればするほどおかしくない?と疑問に思いますよね。

 

そもそも韓国が解決済みの問題を掘り起こしてないか?解決済みなんだからそれを素直に認めてくれ!と言いたくなります・・・。

 

これからも徴用工問題で追加賠償金が?

今回4人の元徴用工に4000万円の賠償金が支払われることになりましたが、その影響が広がる可能性も・・・。

 

当時の韓国人の元徴用工は、韓国政府の統計によると22万人いるとされているんですよ。

 

22万人ですよ?

 

一人には賠償金が認められて、他の人には認められない。これって平等な立場からみたらおかしいですよね??

 

もし残りの22万人にも賠償金を支払う命令が下されたら・・・。1000万円だとしても2兆円くらいになるっていうね・・・。

 

一部では、慰安婦問題で日本からこれ以上お金をむしり取れないから徴用工問題に切り替えてきた!なんてことも言われています・・・。

 

スポンサーリンク

 

徴用工裁判は今後の日韓関係にどう影響?

今後の日韓関係

 

今回の賠償金請求を受けて、安倍首相は「今般の判決は国際法に照らしてあり得ない判断だ。」と言っています。

 

まさしくそのとおり、前述してきたように解決済みの問題なのでほんっとに今回の対応は「あり得ない」んです!

 

今までとっても仲がよかったよね〜とお世辞でも言えない日韓関係。今回の件でさらに関係が冷え込むのは目に見えています・・・。

 

韓流アイドルとかはどんどん日本に入ってきて大人気なのに、なんで国と国は仲良く出来ないもんかね〜ってそう思いませんか?w

 

具体的に日韓関係に影響するポイントとしては

 

  • 外交関係の摩擦
  • 日本企業の韓国でのビジネスに悪影響
  • 韓国への投資自体が冷え込む

 

こんな事が挙げられています。

 

韓国がこんな姿勢でほんとにこれからずっと韓国と付き合っていけるのでしょうか??

 

元徴用工訴訟に世間の反応は?

 

 

いろんな意見がありますが、毅然とした対応を取ると言っている安倍首相が具体的にどういう行動を取るのか、みなさん注目されているみたいですね。

 

今後も世論を交えながら激論が繰り返されていく事と思います。

 

まとめ

徴用工問題とは?今後の日韓関係にどう影響?分かりやすく解説!

 

と題して、なるべく分かりやすく、難しい言葉を避けて説明したつもりです。

 

今後の安倍首相の対応が気になる所。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク