那須川天心、メイウェザー

 

2018年の大晦日!いよいよ那須川天心選手とフロイドメイウェザー選手の対決が実現します!

 

最初はメイウェザーが試合をやらないとダダをこねたりと色々ありましたが、なんとか試合に漕ぎ着けましたね。

 

完全なるボクシングルールで圧倒的不利と言われる那須川天心。強敵メイウェザーにどう挑むのか楽しみでしょうがない!

 

今回は那須川天心VSメイウェザー戦のルール、身長差、体重差の最新情報をこの記事にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

那須川天心VSメイウェザーのルールは?

那須川天心、メイウェザー、ルール

 

那須川天心VSメイウェザーのルールをまとめると

 

 

ボクシングルール

グローブは8オンス

エキシビジョンマッチ

OK決着あり

 

となっています。

 

OK決着ありはそのままの意味です。それ以外を一個づつ説明すると

ボクシングルール

ボクシングルールとは、1ラウンド3分を戦って1分休憩するというスタイル、お馴染みですね。

 

もちろんキックや寝技、肘打ちなど総合格闘技系の立ち回りは一切ありません。拳と拳のぶつかりあいです。

 

那須川天心はキックボクサーですから、完全にメイウェザーの土俵に乗り込んだ形になります。

 

基本的には5階級を制覇したメイウェザーはボクシングの試合を12ラウンドでやっていますから、3ラウンドは短いと感じるでしょうね。

 

ここからが大事なのですが、ボクシングルールと言っているのはあくまでもパンチだけOKでキックや裏拳などはダメという部分だけ

 

どういうことかというと、ボクシングルールならば体重差やグローブもボクシングルールに則る訳ですが、そちらは今回の場合は特別ルールになるんですね。

 

お二人は体重差が階級で言えば12kgも違うし、ボクシンググローブの重さも違います。そこだけはRIZINの特別ルールになるのです。

 

グローブは8オンス

バンタム級 8オンス
スーパー・バンタム級 8オンス
フェザー級 8オンス
スーパー・フェザー級 8オンス
ライト級 8オンス
スーパー・ライト級 8オンス
ウエルター級 10オンス
スーパー・ウエルター級 10オンス
ミドル級 10オンス

 

那須川天心は普段はフェザー級で、グローブは8オンス。メイウェザーはウェルター級なのでグローブは10オンス。

 

1オンスは約28gしかありません。2オンスの違いで約56g。とても小さい差のように思えますね。

 

グローブは大きいオンスになると中に入る詰め物が多くなり、衝撃が和らぎます。つまり重量級の選手は重いグローブを付けないとそれだけでハンディになってしまうわけです。

 

軽いといっても普段からそういう差をつけて試合をしているわけですから、素人が思っている以上に1オンスの重さの違いは大きいのだと思います。

 

今回は那須川天心もメイウェザーも同じ8オンスのグローブ。この点だけ見ても那須川天心が不利になります。

 

のちの情報で那須川天心は8オンス、メイウェザーは10オンスのグローブで試合を行ったことが判明しました。

 

エキシビジョンマッチ

エキシビジョンマッチとは、公式記録としない公開演技や模範試合を意味する。スポーツの世界において、勝ち負け抜きで行われる特別実演。

引用元:ウェブリオ

 

しかし、気になる記事がありましたが、JBC(日本ボクシングコミッション)にはエキシビジョンマッチというルールはないそうですね。

 

違う言葉で言い換えると、「公式試合会場における公開スパーリング」となっています。

 

メイウェザーとしては勝っても負けても、公式に負けがつかないということです。今まで無敗ですからね、一回でも負けるか負けないかは今後の彼の人生にも影響してくるでしょう。

 

そう見るとメイウェザーは試合をOKしたにもかかわらず、かなりビビってる?っておもいません?

 

スポンサーリンク

 

那須川天心とメイウェザーの体重差は?

那須川天心はフェザー級=55.338kg〜57.153kg

メイウェザーはウェルター級=63.503kg〜66.678kg

 

しかしこれは最新情報ではありません、お互いを階級で見た時の体重というだけです。実際にはどうなるんでしょうか?

 

最新情報によると、那須川天心は体重60kg〜61kgに増量して試合に望む予定となっています。

 

一方で今回メイウェザーが契約した体重は66.678kg。ウェルター級の上限ぴったりです。

 

さらにここから両者が計量をクリアした後に、戦うまでに体重の増減があります。

 

那須川天心は増えても減っても変わりませんが、メイウェザーはちゃんと契約通りの66.678kgに近づけて計量をクリアした後で、すこしでも体重を増やすのではないかと思われます。

 

少しでも重い方が那須川天心が不利になりますからね。

 

よってすべての要素を合わせた時の那須川天心とメイウェザーの体重差は5kg〜7kg位になると思われます。

那須川天心、メイウェザー、体重差

 

ボクシングの階級ごとの体重差は約3kgほどです。

 

いくら那須川天心が増量したとしても、ボクシングルールで階級差が1つか2つある状態で戦うことになります。

 

スポンサーリンク

 

那須川天心とメイウェザーの身長差は?

那須川天心の身長は165cm

メイウェザーの身長は173cm

 

単純に身長差がそのまま体重差に繋がっているような感じですね。

那須川天心、メイウェザー、身長差

 

ただ身長差に関しては、那須川天心は以前も自分よりだいぶ高い身長の選手と戦っていますから影響はなさそうですね。

 

それでも階級の違うパンチを上から受けようものならかなりの衝撃になると思うのですが。

 

那須川天心とメイウェザーの年齢差

ここでだれも注目していないお二人の年齢差について。

 

那須川天心の年齢は20歳

メイウェザーの年齢は41歳

 

冷静に見たら、おっさんとピチピチの若者の対決になるんですよね・・・。

 

那須川天心はルール上も体重差も不利な中で、唯一有利なのがこの年齢差ではないでしょうか。

 

スポーツ界において年齢による肉体の衰えには誰も抗うことは出来ません。

 

それでも21歳の時にスーパーフェザー級でタイトルを獲得したメイウェザーはすごすぎるの一言ですよね。

 

その後5階級制覇を達成し、2017年まで試合に出ています。こんなことは常人では出来ません。メイウェザーは年齢を感じさせないパワーはありますから、もしかしたら年齢差なんてのは関係ないのかもしれません。

 

ただ那須川天心が唯一つけ込めるとすれば、肉体面だと思うんですよね。

 

一発もらっただけで、その後の選手生命まで危うい試合になります。どっちが勝つか非常に楽しみでドキドキしますね。

 

まとめ

那須川天心VSメイウェザーのルールと体重差・身長差の最新情報まとめ!

 

と題して現在分かっている最新情報を確認してみました。

 

ルール

  • ボクシングルール
  • エキシビジョンマッチ
  • グローブは8オンス
  • OK決着あり

 

  • 体重差 5kg〜7kg
  • 身長差 8cm
  • 年齢差 21歳差

 

どっちも素早いですからね、面白い試合になることを期待しています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク