男子のスケート選手と言えば!プーさんと言えば羽生結弦選手!ということで、今回は羽生結弦選手のご両親について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

羽生結弦選手のご両親なので、めちゃくちゃ優しくてほんわかしている雰囲気に違いない!と思うのは私だけでしょうか?(笑)

 

羽生結弦選手のご両親は果たしてどのような方なのか、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク
 

羽生結弦の父親はどんな人?

 

羽生結弦選手の父親のお名前は、羽生秀利(はにゅう ひでとし)さん!

 

顔写真を見つけることが出来ましたので、ご覧ください。

 

 

羽生秀利さん、とっても優しそうな感じがしませんか?

 

このお顔から醸し出される優しさは見事に、羽生結弦選手に受け継がれているように感じられます!

 

年齢は公表されていないので分かりませんが、羽生結弦選手自身が現在25歳とのことなので父親の年齢はだいたい55歳~60歳くらいの間ではないでしょうか?

 

このように凄く優しそうな父親と羽生結弦選手のちょっとしたエピソードを見てみましょう!

スポンサーリンク

羽生結弦と父親のエピソード

羽生結弦さんの父親、実は羽生結弦選手に野球をやらせたかったそうなんです!お父さん自身野球を長年やっており、野球部の面倒を見ていることもありました。

 

そのため、我が息子にこそ野球をやらせたい!!そんな気持ちがあったそうなのですが・・・

 

羽生結弦選手の姉がフイギュアスケートをやっておりその姿を見て「僕もやりたい!」と言う羽生結弦選手に対し、「自分の好きな事をやりなさい。」と言ったそうです。

 

 

羽生結弦選手の姉はどんな人なのかな?と思ったので調べてみたのですが、顔画像は出回っていないようです。

 

姉はもう既にスケートを辞めており、辞めた理由は弟が今後もスケートをできるように・家計が苦しくならないようになのだとか。

 

さよひろ

弟思いのとても優しいお姉さんであることが分かりますね!

 

 

さらに小学3年生の時に羽生結弦選手がスケートを辞めようか悩んでいた時、「嫌ならやめてもいいんだよ。野球の方がお金はかからないから。」と言葉を掛けたのだとか!

 

確かにフイギュアスケートってかなりお金のかかるスポーツなんです。

 

スケート靴はだいたい5万円~10万円。靴の刀であるエッジは5万円程。衣装代は10万円程、振付け・楽曲代も10万円ほどなんです。ノービスクラスなんて入ったら一カ月で20万円かかることも!!年間お稽古代は240万円にまで上ります!

 

 

めっちゃくちゃ高いですよね!!

 

とはいえ野球もお金はかかります。

 

ボール代、グローブ代、ユニホーム代・・・高校のクラブで入るなどでは無く、普通にやり始めたら10万以上はするのではないでしょうか?

 

 

そう考えると、普通なら「こんなにお金をかけてきたのに!」とか「やると決めたことはやりなさい!」などと言ってしまいそうですが、一言もそのような事は言わずに、息子のやりたいことをやらせてあげる父・秀利さんは本当に素敵な父親だと思います!

 

羽生結弦の父親の性格は?

 

素敵なエピソードを聞く限り、羽生結弦選手の父親は本当に優しい方なんだなと思いますよね。

 

とにかく優しい性格であることは分かるのですが、大人として父親として本当に完璧だなと感じるお話もあるのです。

 

それは羽生結弦選手が金メダルを取った時。

 

 

「普通なら俺の息子が金メダルを取った!!」と自慢したくなるものなんじゃないのかな?と思うのですが、羽生結弦選手の父親は「私たちがしゃしゃり出て話すと事はない」とだけコメントされたのです。

 

このようにコメントされたのは、頑張っているのは本人であって、親は関係ないという考えだからだそうです。

 

 

もう本当に普通の父親ではない感じがしますよね。だからこそ、あの謙虚で素敵な息子 羽生結弦選手が今こうしてスケート選手として活躍されているんだと思うんです。

 

とにかく羽生結弦選手の父親は、優しく誠実で素敵な性格をお持ちなんだということが分かりますね!

スポンサーリンク

羽生結弦の父親の職業は?

羽生結弦さんの父親である羽生秀利さんの職業は、公務員で中学校の教員です。

 

2014年3月には、宮城県石巻市立湊中学校の教頭をされており、羽生結弦選手は2014年に湊中学校をサプライズ訪問し、アイスショーを行ったこともあるのだとか!

 

さよひろ

生で羽生結弦選手のショーを見れると言うのは、子供たちからしたら本当に記憶に残る素敵なサプライズですよね!

 

その後2014年4月~2016年3月で、宮城県宮城郡利府町立しらかし台中学校の教頭をされており、2016年4月~宮城県多賀城市塩釜市立第三中学校の校長をされています。

 

このように職業が教員ということもあり、羽生結弦選手の父親は子供に対する気持ち、対応が一般な感じとはかけ離れているのかもしれません。

 

では次に、羽生結弦選手の母親について見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

羽生結弦の母親はどんな人?

 

羽生結弦選手の母親は、羽生由美(ゆみ)さんです!以前テレビにご出演されており、顔写真がありましたのでご覧ください!

 

 

羽生結弦選手にめちゃくちゃ似ていますよね!さすが血のつながったお母さん。羽生結弦選手は母親似のようです!

 

そして羽生結弦選手の父親と同じくとっても優しそうな雰囲気の羽生由美さん。年齢は、父親と同じく55歳~60歳くらいの間ではないでしょうか?

 

そんな羽生由美さんは本当に素敵な母親だなと感じられるエピソードがいくつかありますのでご紹介します。

 

羽生結弦と母親のエピソード

 

まず1に、2011年くらいまでは羽生結弦選手の髪の毛を母親が切っていたり、羽生結弦選手の衣装は全て母親が手作りしていたのです!

 

2011年頃の羽生結弦選手がこちら。

 

こちらの衣装も手作りだったということでしょうか?!だとしたらめちゃくちゃ凄いですよね!

 

さらに羽生結弦選手が高校三年生の時にカナダのトロントへ移住した時は、母親である由美さんも一緒に移住して、バランスのいい栄養がしっかり摂れる料理を日々手作りしたり、生活の管理などすべてをサポートされていたそうです。

 

羽生結弦選手のために、栄養管理の勉強をしたりメンタルコントロールについても学んでいたのだとか。

 

さよひろ

子供を第一に考えているのが本当によく分かる素敵な母親ですよね。

スポンサーリンク

 

羽生結弦の母親の性格は?

 

今までのエピソードを見る限り、羽生結弦選手の母親は子供思いでめちゃくちゃ気が利き、尚且つ手先が器用で頼もしい性格をされているんだなと思います!

 

なんかすべてが完璧なような・・・(笑)お裁縫もできて、料理も得意で、子供のためになら自分を犠牲にできて・・・。

 

「尊敬」の一言でしかありません。

 

さよひろ

このように素敵な女性であるから、羽生結弦選手の父親は由美さんに惚れられたのでしょうね。

 

羽生結弦の母親の職業は?

 

そんな羽生結弦選手の母親の現在の職業は、専業主婦です!

 

ただ羽生結弦選手が有名になる前は、デパートの紳士服売り場のパートやクリーニング店を掛け持ちするなどし、羽生結弦選手がずっとスケートを続けていけるように支えていたのだとか。

 

一日に何時間働かれていたのか、どこで働かれていたのかということは分からなので何とも言えないのですが、パートとして働いていたということなので、年収はだいたい180万円前後くらいだったのではないかなと思います。

 

母親としてしっかりと家事などを行い家族の過ごしやすい家を作りながら、仕事もして家庭を支えていた羽生由美さんは本当に母親の鏡だと思います!

 

さよひろ

このように素敵なご両親がいるからこそ、今の羽生結弦選手がいるのだなと改めて感じられます。

 

まとめ

羽生結弦選手の父親は中学校教員の羽生秀利さん、母親は現在専業主婦の羽生由美さんであることが分かりましたね。

 

お2人共本当に尊敬するご両親だなと知れば知るほど思いました!また、素敵なご両親だからこそ、あのように優しさに包まれた羽生結弦選手なんだなとも感じられますね。

 

今後も日本のスケート界を背負っていく羽生結弦選手であると思いますので、応援していきましょう!

スポンサーリンク