伊調馨、激ヤセ

 

 

(※2018年10月15日、追記情報あり)

日本レスリング教会の強化本部長である栄和人監督がパワハラか?と大きく報道されています。

 

パワハラの相手は、なんと伊調馨選手!

 

練習をさせないようにしたとか

 

田南部力コーチに伊調馨選手のコーチングをやめろなどと言ったり

 

様々な憶測が飛び交っています。

 

今回はそんな騒動の中

 

伊調馨選手が練習の場を確保できないとして

 

体重が落ちている・落ちたと一部で報道されていました。

 

ですので最近の伊調馨さんの画像と

 

リオやロンドン五輪で金メダルを取った時の画像と比較して比べてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

伊調馨が激ヤセ?画像で比較検証してみた!

 

パワハラは2010年頃から続いていたように報道されていますが

 

2010年といえば伊調馨さんがアテネ・北京オリンピックと2連覇した後のこと。

 

2016年には続いていたパワハラにより警視庁で練習が存分に出来ない中でも

 

見事に金メダルを獲得していますが

 

アスリートになると練習しないだけで体重がみるみる落ちていくんですよね。

 

これは相撲でもそうです。

 

練習と食べることの繰り返しで体を大きくしていく関取にとって

 

食べることの他に”練習=稽古”も太るための重要なファクターなんです。

 

レスリングでも同じ事が言えます。

 

伊調馨さんの実績を見てみると

 

アテネ・北京・ロンドン五輪は63kg級で優勝を飾っています。

 

その後2014年からは階級を一つ落として58kg級で全ての大会に出場しています。

 

リオオリンピックでも58kg級に出場し4連覇を達成していますが

 

体重を維持すること自体が容易ではないんですね。

 

年齢というのもありますが

 

思うように練習できないとなると体重減は避けられないんじゃなかったのかな・・・。

 

それが原因で階級を落としたのか?と言われればそこまでは分かりませんが。

 

ここからは各五輪大会ごとの画像を比較してみましょう。

伊調馨体重比較

 

比較画像を作った後でなんですが

 

見た目だと変わっていませんね・・・。

 

アテネ・北京・ロンドンは63kg級

 

むしろリオの58kg級の体の引き締まり具合がスゴイ・・・。

 

もともと伊調馨さんは吉田沙保里さんと同じ53kg級でしたが

 

吉田沙保里さんがいるということで階級を変えていました。

 

ベスト体重でいくと53kg前後なのかも?

 

それに近い58kg級で体が綺麗に強化されているように見えるのは当然なのかもしれません。

 

では伊調馨さんの2017年の最近の画像も見てみましょう。

 

伊調馨 伊調馨 伊調馨

 

出典:www.instagram.com/

 

2017年の夏から冬にかけて各地でレスリングイベントに参加したりしている伊調馨さんの画像です。

 

リオで金メダルを獲得してからは

 

次の東京五輪に出場したいかというところはまだ決まっていないようです。

 

2017年はやりたいことがいっぱいあると言っていて

 

子供たちにレスリングを教えるというのはそのうちの一つ。

 

他にも

 

この1年は自分の世界を広げる年にしようと思っています。今年は自分の「引きこもり」、「人見知り」を直そうと思います(笑い)。なんでも勉強の年。寝転がっていないで家から出ますよ!

今年はレスリング半分、それ以外のこと半分のペースでいこうと思っています。人生勉強、社会勉強ですよね

社会の仕組みとかよく分かっていなかったので、勉強したい

興味のある着物についても、もっと知りたい

まず(練習できずに痩せた)このヨボヨボの体をどうにかしないと(笑い)

引用元:www.tokyo-sports.co.jp/

 

2017年の抱負としてとっても色々語っています。

 

自分で痩せたと言っているので顔がすこし痩けたように見えるのも頷けます。

 

体重63kgの頃から比べてみれば現在は本格的に練習していないようですので

 

10kg以上落ちていても不思議ではありませんね。

 

2017年の彼女の活動が終わり

 

2018年に入って、パワハラ報道ということはですよ・・・。

 

伊調馨さんは選手としてスイッチが入り

 

次の東京五輪を目指したい!と思っているってことじゃないですか!

 

しかし満足に練習できる環境にないと・・・。

 

東京五輪まであと2年しかありませんからね・・・。

 

今後パワハラの詳細が明らかになり

 

東京五輪へ向けての本格始動ができる体制を早くとってもらいたいですね!

 

スポンサーリンク

 

3月10日追記 伊調馨選手が東京五輪出場黄色信号?

9日のテレビ番組で須藤元気さんが伊調馨さんの事を心配していました。

 

須藤元気さんいわく

 

現役に戻るには半年くらいかかりますとの見立てを述べた

引用元:http://news.livedoor.com/

 

ということで今までの状態に戻るだけで半年

 

そこから五輪に向けてメダルを目指すとなると時間的猶予がないもしくは足りないんでは・・・。

 

つまり五連覇がかかる東京五輪に出場することすらあやういのではないでしょうか。

 

今年に入って子供にレスリングを教える教室に顔を出していた伊調馨さんの画像も用意しましたので見てみましょう。

伊調馨2018 伊調馨2018

 

引用元:https://twitter.com/nichodaiwrestli、http://www.nankyudai.ac.jp/news/m/e/post_577.php

 

こちらが伊調馨さんの最新画像なんですが

 

やはり外から見ただけではそこまで見た目が変わっているという印象ではありませんが

 

須藤元気さんの話によると

 

僧帽筋(首から背中まわり)と、胸鎖乳突筋(側頭部から鎖骨のあたり)が細いとして、須藤氏は「レスリングはタックルの時、首で倒す。首の筋肉が弱いと最後に倒せない。ウェイトトレーニングではつきにくく、組手や実戦の中でつく筋肉」と指摘。腕は、上腕二頭筋や三角筋がつく肩まわりの幅が狭くなっており、「レスリングは引く力が大切で、その時使うのが上腕二頭筋や三角筋。ここが弱いと組んでも外されてしまう。逆に引き寄せられたり、かち上げられたりしてしまう

タックルされた時、腸腰筋とハムストリング(太ももの裏の筋肉)を伸ばして(相手の組手を)切り、バックに回ったり攻撃に転じたりする。(筋力が)弱いと引き寄せられて倒される

引用元:http://news.livedoor.com/

 

これによると首や肩の今は見えていないところの筋肉が落ちて

 

それが体重減につながっているということ。

 

練習することでしか筋力がつかない部分もあるということで

 

一方的に今回のパワハラ問題に巻き込まれてしまった伊調馨さん

 

誰もが五輪五連覇を望んでいる中で

 

悲しいとか残念という他ありません・・・。

 

しかしまだ先のことでこれからの努力と周囲の協力でぜひ頑張っていただきたい!

 

と誰もがそう思っています!

 

スポンサーリンク

 

※追記 伊調馨が現役戦復帰!

伊調馨、激ヤセ
引用元:www.yomiuri.co.jp/

 

伊調馨選手が2年2ヶ月ぶりに実践で試合をしてみごと復帰しました!

 

2018年10月14日に行われた全日本女子オープンの57kg級に出場し、見事に優勝しています!!

 

ブランクを感じさせない完璧な試合といった感じに見えましたが、気になる伊調馨選手の肉体がこちら

 

伊調馨、復帰
引用元:https://article.auone.jp/

 

めちゃくちゃ締まってますね、腕の筋肉なんか細マッチョの男性かと思うくらいに発達しています。さらに髪型もショートヘアに変えて戦闘態勢!って感じです。試合運びも危なげなく進み、見ていて「強いなぁ」と実感してしまいました。

 

伊調馨、復帰
引用元:https://www.sankei.com/

 

戦う姿がかっこいいですね!

 

そこでリオ五輪の4連覇の時の伊調馨選手と現在の試合復帰後の伊調馨選手を比較してみました。

 

伊調馨、激ヤセ

 

一目瞭然でした・・・、リオ五輪の時の伊調馨選手の肉体ってすごいですね・・・。特に腰回りなんかスゴイ。鎧を着ているような寄せ付けないオーラがあります。

 

メダルを取るべくして取ったという貫禄がありますね。2年前と比べてみると現在の伊調馨さんはやっぱり痩せたように見えます。

 

練習できない期間があったからしょうがないんでしょうけれども、次の東京五輪に向けて肉体を再び作っている最中と見受けられますね。つまりまだ成長段階の途中なわけですから、これからもっと引き締まってくることでしょう。

 

 

栄和人監督がパワハラした?

伊調選手のコーチを務める強化委員の男性に指導をやめるよう命じ、従わなかった男性に「言うことを聞かなければ出ていけ」などと脅したと訴えている。

 16年のリオデジャネイロ五輪の直前も、伊調選手が練習場所としていた警視庁の施設に出入りできないよう圧力をかけるなど、パワハラを繰り返したと主張している

引用元:www.nikkansports.com/

 

伊調馨選手のコーチというのは、田南部力さん。

 

警視庁のレスリング施設でコーチをしている方で

 

愛知を拠点とする栄監督の元で練習していた伊調馨選手が

 

拠点を東京に移し、田南部力さんの元で練習を始めた頃から

 

パワハラと題してコーチをやめろだの

 

警視庁のレスリング施設”出禁”だのと脅したとのことで告発文が出されています。

 

栄監督パワハラ

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

栄監督はこの伊調馨さんの発言を全否定していて

 

今後会見でも開く予定なのでしょうか。

 

改めて場所を設けて自分の口から説明するようです。

 

しかし栄監督としては

 

伊調馨さんがこんなこというなんて信じられない!

 

というお気持ちだそうで

 

今のところ双方の言い分がかなり食い違っています。

 

現在はパワハラした事実があるかどうかも明らかになっていません。

 

のちに第三者委員会で栄監督のパワハラがあったと認定されました。

 

伊調馨プロフィール

 

 

#伊調馨 #Rio2016 #リオオリンピック #4連覇 #女子レスリング

Yukieさん(@yuzuyuki0728)がシェアした投稿 –

  • 生年月日 1984年6月13日
  • 出身 青森県八戸
  • 身長 166cm
  • 所属 ALSOK

 

3歳から八戸クラブでレスリングを開始。

 

2001年にジャパンクイーンズカップ(今の全日本選手権)で優勝し一気に注目を浴びます。

 

中京女子大学(現:至学館大学)卒業し、健康スポーツ科学で学士を習得。

 

その後公式戦189連勝

 

オリンピック4連覇と成績は有名ですね。

 

4連覇の際には国民栄誉賞も受賞しています。

 

 

 

まとめ

伊調馨が激ヤセ?栄和人監督がパワハラした?画像で比較検証してみた!

 

と題して調べてみました。

 

伊調馨さんのリオ五輪の時の肉体が一番締まっていて最高の状態だったように思えました。それでこその4連覇ですね。

 

その後2017年〜2018年とパワハラ問題もありかなり痩せたように見えた伊調馨選手。

 

しかし、実戦復帰して優勝したことで以前の肉体に戻りつつあることも画像から分かりました。

 

東京五輪の切符を掴むにはかなり条件が難しいようですが、頑張って欲しいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク