ケレブドレセルの嫁のメーガンドレセル

「水の怪物」との異名を持つアメリカ代表のケレブドレセル選手。2017年の世界水泳では、フェルプス選手の持つ過去最多7冠と同じ金メダルを獲得した、名前の通りの怪物です。

 

東京オリンピックでの活躍も期待されているドレセル選手。まだ24歳(2021年時点)ですが結婚しています。しかも嫁さんは元水泳選手で、博士号を取得している才女のメーガンさん。

 

今回はドレセルの嫁のメーガンさんはどんな人なのか詳しく調べてみました。

ケレブドレセルの嫁が超美人!いつ結婚したの?

ドレセル選手が結婚したのは2019年の11月でした。お相手はメーガンハイラさん。

 

ドレセル選手がプロポーズしたのは2019年ですが、その後コロナの影響で結婚式が延期になり、2021年の2月14日バレンタインデーの日に結婚式を挙げています。

プロポーズは2019年

2019年の世界水泳では6冠を達成しているドレセル選手。コロナの中で競泳選手としてとてもストイックな日々を送っていたようですね。

 

2021年にはいり、やっと!結婚式を挙げられた。といったかんじでしょうか。

メーガンさんの表情を見てみても、嬉しさが爆発していますね。

ケレブドレセルの嫁は元水泳選手?

色々リサーチしてみると、メーガンドレセルさんは元水泳選手。ドレセル選手とは2013年から付き合っています。ってことはお互いがまだ高校3年生の頃からのお付き合いです。2人とも一途なんですね笑

メーガンの水泳経歴は?

メーガンドレセルさんは旧姓・メーガンハイラ。高校の時に「Bolles school」でメーガンさんと出会ったそうですね。

Bolles schoolとは?

ボールズスクールとは、アメリカのフロリダにある寄宿学校です。広い敷地内に中学・高校があり、ケレブドレセル選手もメーガンさんも当時から水泳の練習を続けていました。

フロリダにあるボールズスクールでケレブドレセルとメーガンは出会った
Bolles school

ここで2人とも水泳に打ち込んでいます。

 

当時のメーガンさんはフロリダ州の水泳大会で2度もチャンピオンに輝いていて、将来有望でした。この当時、ドレセル選手はすでにジュニア世界水泳で6冠を達成するなど大活躍しています。

 

その後、ドレセル選手はフロリダ大学に進学し、そのまま水泳を極めることになります。

 

そしてメーガンさんは、同じフロリダのセミノール群に引っ越し、「タラハシー水泳学校」で水泳のインストラクターをしていました。大人と子供どちらにも教えていたようですね。

メーガンは修士号取得の才女?

メーガンは博士号取得の才女

実はメーガンさん、インストラクターのあとに2015年からフロリダ大学へ入学し、2018年に卒業するまでに「結婚」と「家族療法/カウンセリング」の2つの修士号を取得しています。

 

大学院までの教育課程を4年で終わらせてしまうんですから、メーガンさんはスポーツも勉強も得意なんですね!

メーガンのプロフィール

ケレブドレセルの嫁のプロフィール

名前:メーガンドレセル

出身:フロリダ州

年齢:25歳(2021年)

ケレブドレセルと嫁の間に子供はいる?

プロポーズは2019年ですから、子供がいてもおかしくないケレブドレセル選手とメーガンさん。

 

ですが、お子さんはまだいらっしゃらないようですね。世界で戦うトップアスリートであるドレセル選手。今は自分のできうる限界まで水泳を頑張るということでしょう。

 

ですが最近ケレブドレセル選手はYoutubeチャンネルを開設しています。水泳選手をやめたあとのことももしかしたら多少考えての行動なのかもしれません。