2021年10月15日から放送が開始されているドラマ『最愛』

 

かなり面白い内容となっており、ツイッターでは『最愛の考察』がバズっています!ついドラマ終わりに考察を見てしまう人も多いのでは?

 

中でも、藤井が犯人なのでは・・・と囁かれていますので藤井が何故犯人だと言われているのか怪しい証拠をまとめてみました!

最愛のざっくりあらすじ

 

『最愛』にて藤井が言動を起こした部分に重点を置き、まとめてみました。

1話ざっくりあらすじ

陸上部員の一員として出演した藤井なのですが、本当にただの陸上部員の一員なのか?と思われる言動が多くありました。

1話での藤井の言動
  • 陸上部が優勝した試合後、真田梨央が作ったお守りに対し「梨央ちゃんのお守りのおかげやー」と叫ぶ藤井がいた。
  • 陸上部の寮の管理人でもある真田梨央の父が亡くなっていた。陸上部の部員が優の叫び声に気づき大勢出てくる中、藤井が「動かすな!」と叫び父に駆け寄り「聞こえますか?」と言う。
  • 父の葬式の最中、藤井という人が来る。真田梨央が「藤井さん・・・?」というが、祖母が「また今度にしてもろていいかな?」と言う為、藤井はこの時姿は見え無い。
  • 15年後の2021年現在、藤井は富山県警の警察官となっていた。
  • 白骨化遺体が発見された際、藤井から宮崎大樹に「気になる遺留品が出たんです。」と15年前真田梨央から陸上部全員に送られたお守りの画像が送られてくる。

 

2話ざっくりあらすじ

2話でも過去の映像が流れる場面で藤井の顔がドアップに映し出される場面がありました。

 

藤井の怪しい点

記者が集まる寮へ帰ってきてしまった真田梨央の弟である優を、宮崎大樹が他の場所へと連れ出す。藤井はその場面を、意味深な目で見つめていた。

 

『最愛』の詳しいあらすじ記事はこちらに書いていますので是非ご覧ください。

ドラマ「最愛」のネタバレあらすじ!1話〜最終回まで

 

【最愛考察】藤井が犯人で怪しい証拠理由①藤井は梨央が好き

陸上部が優勝した際、「梨央ちゃんのおかげやー!」と叫んでいた藤井。喜びのあまり口に出した事も考えれますが、梨央という単語をその時に発したのは藤井だけ。

 

藤井は陸上部の寮の看板娘でもある梨央の事が好きだった可能性があります。

 

しかしながら真田梨央と陸上部員の宮崎大樹が惹かれ合う存在であった為、藤井の気持ちは伝える事は出来ない。せめてもの好きな気持ちを伝える「梨央ちゃんのおかげやー!」という叫びであった・・・

 

と考えると真田梨央が渡辺康介に襲われ、優が出くわし渡辺康介がもがき苦しんでいる時に、藤井がその場面に駆けつけ最後のひと突きを渡辺康介にくらわし殺したという事も考えられるのです。

【最愛考察】藤井が犯人で怪しい証拠理由②父が死んだ時の「動かすな!」発言

 

陸上部の寮の管理人でもあった真田梨央の父が亡くなった際、藤井が「動かすな!」と叫び近寄り、「聞こえますか?」と言っている場面があります。

 

ただ椅子に座り目を閉じているだけで、一目見ただけじゃ死んでいるとは思えない状況であった真田梨央の父。

 

普通の人なら「大丈夫ですか?!」と肩を揺するはずなのに、藤井は「動かすな!」と発言するという事は死んでいた事が分かっていたのでは?という考察もあります。

 

藤井の父が何かの事件に巻き込まれ頭をぶたれた所を見たか・・・?

 

藤井が渡辺康介の事を殺し遺体処理は真田梨央の父も加わっているはずですから、心優しい真田梨央の父がいつの日か警察に言う日を恐れて藤井が真田梨央の父も殺したか・・・かもしれませんね。

【最愛考察】藤井が犯人で怪しい証拠理由③葬式に来た藤井は、父であり警察上層部

 

父の葬式の日に来た藤井という人物。姿は見えなかったものの梨央が「藤井さん・・・?」と発言しているので、藤井が来た事は確実。

 

ただ、寮生である藤井が来ていれば「藤井さん」と、さん付けでは無いと思うのです。その為この「藤井さん」は藤井の父ではないか?という説があります。

 

そして藤井の父は警察であるという事。寮で亡くなった真田梨央の父なので、何があったのか警察も加わり色々調べる必要がありその結果報告に来たのか、もしくは何かを隠ぺいするために来たのか。

 

とにかく、藤井の父である警察上層部の人が来ていたという事は充分に考えられます。

【最愛考察】藤井が犯人で怪しい証拠理由④警察官になり梨央を見守っている

そして藤井は15年後に富山県警の警察官になっています。これは、父が警察官であった為、藤井も警察官になったとも考えられるのですが・・・

 

父がどうこうではなく、藤井は梨央の事が好きだから警察官になって、渡辺康介が失踪したこの事件の真実を隠していこうと思ったのかもしれません。

 

2話で分かった真実は、梨央の弟が渡辺康介ともみ合っているうちにペグで刺してしまっている事。

 

最愛の人である梨央の弟がそのような事をしてしまい、結果的には山に埋めて失踪した。という事になっているのですからそんな事を梨央に知らせる訳にはいかない!と心に強く決めていたのでしょう。

 

しかしながら白骨化遺体が発見された際、梨央に関するものが沢山出てきました。

 

これに関しては、藤井が同職である宮崎大樹に情報共有して『二人で梨央の事を守っていかないか?』そういう意味合いでもあったのかもしれませんね。

 

【最愛考察】藤井が犯人で怪しい証拠理由⑤演技派の岡山天音がただの陸上部員は無い

とにかく演技派俳優と言われている岡山天音さんが、ただの陸上部員と富山県警の警察官で終わるはずは無い!という声も多く挙がっています。

 

27歳という若さでありながら俳優歴は10年以上。主演映画『ポエトリーエンジェル』で、第32回高崎映画祭 最優秀新人男優賞を受賞するなどと輝かしい経歴も持っています。

 

そんな素晴らしい俳優さんが、ただの脇役として出演しているのはおかしい事。犯人もしくは『最愛』の中でのキーパーソンである事は確かです!

【最愛考察】藤井が犯人で怪しい証拠理由⑥『最愛』のポスターに藤井がいない。

こちらのポスターに藤井はいません。陸上部時代から登場し警察官として宮崎大輝と一緒に働いている藤井なのに、載っていないのはかなり違和感があります。

 

「そんなに重要じゃないだろうな。」と思われる宮崎大輝のバディー、桑田仁美や警視庁一課長がポスターにいるのに藤井がいないのは何故なのか。

 

これに関しては、犯人をあえてポスターに載せなかったという事が考えられるのです!

 

この考察が事実だったとしたら、ポスターから手を加えて作られている作品だなと思いますよね。犯人が誰なのか真実の分かる日が来るのが本当に楽しみです!

 

まとめ

まだ2話までしか放送のされていない『最愛』!!

 

2話だけでこんなに面白いのですから、続きがとても楽しみです!

 

毎週金曜日夜22時からは皆さんで一緒に『最愛』を見て、様々な考察をし楽しみましょうっ!